ポンプ

ポンプという流体伝動機械は産業用モータが最も採用されている機器になっています。通常、長時間で運転するため、産業省エネの目標にとっては重要な要素となります。平均的にポンプという機械は、購入費用を含め、退役までユーザーに対するコストの85%が電気費用となっておりますため、高効率ポンプの選択は大切なことになります。ポンプ全体の効率は各部品の効率性の総合値になりますから、インバーターと組み合わせた高効率モータの採用がポイントになります。チコ二ーパワーテクノロジーの永久磁石同期モータシリズは最高効率基準のIEC IE4を超えるため、ポンプ機械の効率性を有効に上げることができます。

適用モータ
IEC
IMD

ファンやブロワー

気体を流動させる送風機は産業用モータがポンプの次に最も採用されている応用で、産業省エネに対してこちらも重要なエリアになります。送風機の主要作業は送風や排気や熱交換となり、主な構造は羽根車、風胴、風量調整装置、モータと駆動制御システムなどです。その中でも、モータは回転効率より、送風機全体的な性能や運転コストに直接影響します。起動する際、インバーターの制御でモータの回転が徐々に加速し、起動電流も抑えられ、設備の寿命も延ばすことができます。通風ダンパーより、モータの回転速度で送風機の風量を左右する方が効率が高いです。ですので、効率を上げ、省エネを達成するために永久磁石モータはインバーターと組み合わせべきです。

モータ種類 購買費用
(USD$)
100%の負荷効率
(%)
運転時間
(時/年)
電気費用
(USD$/年)
運転10年の電気費用
(USD$)
普通モータ 1,728 87.5 6000 16,650 168,228
高効率モータ 1,828 91.7 6000 15,888 160,703
適用モータ
IEC
IMD

エアコンプレッサー

圧縮機は気体の体積や操って、そこで発生する圧力でエネルギーを作る流体機械です。空気圧縮機は三種類に分けられ、往復式、回転式とスクリュー式があります。統計調査より、空気圧縮機の全体使用コストは75%が電気費用となりますので、効率を上げ、節電するのはコスト削減にポイントとなります。永久磁石同期モータとインバーターと組み合わせて使用すると空気圧縮機の効率を大幅で上昇させることができ、機械の省エネ効果も出せます。その上、永久磁石同期モータとインバーターの使用で起動電流も大幅に下げられ、空気圧縮機の使用寿命も延長できます。

適用モータ
IEC
IMD

真空ポンプ

真空ポンプは指定空間の気体を排出させ、真空空間を作る機械となります。製薬、食品、化学工程、半導体産業など多様な製造工場は真空ポンプを採用しています。

空間の真空は三つのレベルがあり、中真空度、高真空度、超高真空度となります。永久磁石同期モータは誘導モーターと比べると効率が高い、瞬間出力が大きい、それにスピードの反応も早いです。インバーターと組み合わせてシステムの要求により、回転速度が調整できます。

適用モータ
IEC
IMD

HVAC/R

大体の先進国では産業用空調は消費電力の中で大きな比率を占めています。送風機とポンプは回転速度が使用状況により変換できれば消費電力が大幅に下げられます。

下記のクーリングタワーの例では、永久磁石同期モータとインバーターと組み合わせて動力伝達機構が直結伝達に変え、システムの簡略化も達成できます。冷凍空調システムの信頼性も効率も上げられます。

適用モータ
IEC
IMD

コンベヤー

コンベヤーの応用幅が大きくて、鋼鉄業、鉱業、航空業、物流業と自動化生産ラインでは採用されています。永久磁石同期モータでコンベヤーを設計するメリットは高効率で節電することです。

その上、瞬間出力が大きい永久磁石同期モータはコンベヤーが突然に止めることが克服でき、生産ラインの故障率も抑えられます。また、サーボモータとエンコーダーと統合するとコンベヤー上の置き物の実際位置が確認でき、高速度や高精度のコンベヤー規格にも満足できます。

適用モータ
IEC
IMD